にきびは、顔にひとつできただけでも憂鬱な気分になります。


にきびの原因は様々ですが、毎日の食生活が原因となっているケースもあります。

自分の食生活をチェックして、バランスの良い食事を取るようにすることが、にきびの予防にもつながります。

美肌のためのビタミンと言えば、ビタミンAが有名です。
ビタミンAには、肌のターンオーバーを正常化させる作用があります。肌のターンオーバーが乱れると、肌のトラブルが起きやすいことはよく知られています。
ほうれん草などの野菜やレバーは、ビタミンAを多く含んでいます。
ビタミンBの中では、脂質の代謝をコントロールしてオイリー肌になるのを防ぐビタミンB2や、新陳代謝を促進させるビタミンB6を取るようにすると、皮脂の分泌を抑えることができます。

皮脂の分泌が少なくなれば、アクネ菌の餌になる皮脂も減らすことができます。

また、炎症の悪化も防ぐことができます。



にんにく、ごま、豚肉は、ビタミンB郡が豊富です。


にきび跡に色素沈着が残ってしまった場合、ビタミンCを摂取すると色素沈着の改善が期待できます。

minp!の詳細情報を掲載しています。

また、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進させる働きがあるので、クレーター状になったニキビ跡のケアにも使われています。
ビタミンCが豊富な果物や野菜を取ることで、肌の状態が良くなった人も多いです。
ビタミンEは、ホルモンバランスを調節することでにきびを予防します。

にきびをあなたに紹介致します。

女性ホルモンが多い状態を維持できれば、毛穴の詰まりを防止できるのです。

ビタミンEは、アーモンドやパプリカなどに多く含まれています。