にきびは青春のシンボルだと、以前はよくいわれていたものですが、今では死語であるか、またはそれに近いものですし、実際にきびのようなものが青春のシンボルであっては、今の時代には馴染みませんし、逆に困ります。

にきびは、成長過程において皮脂腺が活発化したところへ、さまざまな汚れなどが皮脂腺を塞ぐなどした結果、細菌やにきびダニなどの影響で腫れたり、膿を持ったりした皮膚炎であるのです。


では、そのような状態にならないためには、一体どのような予防をしていったら良いのでしょうか。

エキサイトニュース情報といえばこちらです。

まずは、皮膚を清潔に保つように努力するのだということはいうまでもありません。
つまり、洗顔を欠かさないということですが、顔の皮膚を洗う時に強くこすっては刺激になってしまって、傷がつくなど逆効果になってしまいますから、石鹸を手のひらで十分に泡立てたり、泡立てネットなどを使って泡立てたものを、顔にそっと載せてこすらないように皮膚の脂分だけ取り除くようにします。

にきびに関する疑問が解決できます。

もちろん、石鹸を洗い流すときも刺激の少ないようにそっと、しかしぬるま湯などはたっぷりと使って洗い流しましょう。



また、ピーナッツなどの比較的油脂成分などの多い食品を多く食べることも、にきびになる原因となりやすいので、できるだけ食べないように避けたほうが無難です。

そのような手立てをしても、更にできやすいとしたら、それは体質が関係していると考えられますので、皮膚科の医師などに相談すると良いでしょう。